がん保険の選び方☆〜自分にあったプランを探しだす〜

がん保険の基礎

がん保険の選び方☆〜自分にあったプランを探しだす〜
保険には、生命保険と損害保険がありますが、生命保険には、種々のものがあります。
代表的なものでは、医療保険になりますが、医療保険の中にも、いくつかのものがあります。
がん保険もまた、その中に含まれます。

がん保険は、その名の通り、がんに罹患した場合の保険です。
日本の医療では、治療を受けた際、健康保険が適用され、基本的に民間保険では、治療費の保障はありません。
しかし、がんの場合、まだまだ未知の部分があり、最新知識を施した治療を受けることができます。
しかし、実際の医療現場に使われていないため、健康保険の対象外です。
したがって、民間保険で、その分を保障することができるようになっています。
また、がん保険には、終身と定期があり、終身は生涯保障され、定期は一定期間の保障となっています。
また、保険料も掛け捨てタイプが主ですが、特約などによっては、積立式になる可能性もあります。
ただし、積立式の場合、積立にふさわしい保険の特約として、がん保険が加味されるようになるかもしれません。
また、がん保険と似たようなものに、三大疾病保険というものがあります。
これは、心臓疾患、脳卒中、そして、がんの三つの病気に罹患した時の保障であり、がん保険と共通しているものもあります。
しかし、相違点もあるため、加入時には、しっかり確認することが大切でしょう。
また、女性保険というものがあり、女性特有のがんも保障対象となっています。
しかし、こちらも、がん保険と異なる面もあるため、加入時には、十分検討することが、大事でしょう。

なお、民間保険においては、基本的に請求をすることで、給付金などが下りるようになっています。
もちろん、がん保険についても、同様です。
また、最近のがん保険については、通院治療であっても、給付金が下りるものがあるようです。