がん保険の選び方☆〜自分にあったプランを探しだす〜

給付金の種類

がん保険の選び方☆〜自分にあったプランを探しだす〜
保険に加入する目的は、もしもの際に、支払い続けている保険料に応じ、保険料が下りることです。
家族がいれば、自分が死亡した後の生活資金を残したいと思う人も、多いことでしょう。
まさに、保険は、そういう人のためのものとも言えます。

がん保険については、死亡時の保障ばかりでなく、入院時の保障もあるため、オーソドックスな医療保険とは異なる面もあります。
また、給付金に関しても、いくつかの種類があるようです。
まず、診断給付金があります。
これは、字義通り、がんと診断された場合の給付金です。
次に、入院給付金です。
おそらくこれが、がん保険の基本的な給付金となるでしょう。
三つ目に、手術給付金があります。
これはがんの切除手術を受けた際の給付金となります。
治療に関しては、基本的に健康保険が適用されますが、がんという病気の関係から、民間保険でも、手術の際の給付金を設定しているようです。

以上のほか、オプション的な給付金もあります。
たとえば、通院時の給付金などがあります。
近年のがん治療では、通院によって治療を行うところも多いため、保障対象としているところもあるようです。
また、先進医療に伴う給付金もあります。
これは、最新のがん治療で、なおかつ、医療の現場に出ていない治療を受けた場合の給付金となっています。
これらのほかにも、在宅医療、あるいは、退院時の給付金などがあり、加入時などに、十分確認するものでもあるでしょう。